1. TOP
  2. しつもんの心得
  3. しつもんのすごい力

しつもんのすごい力

「しつもん」には驚くような力があります。

「しつもん」というと、すぐに答えを出すことを考えてしまいがちです。

私たちがいう「しつもん」は、答えをすぐに出す必要はありません。

相手が自分から答えをいつか見つける事ができると信じて、しつもんをそこにおいてあげる。

すぐに答えが出なくてもいいんです。

 

人は教えられたり指示されたりしたことは継続して行動することがなかなかできません。

しつもんの優れているところは、受け身でなく問いかけに対して本人が考え、気づき納得し、行動を起こすことができることです。

「教える」ではなく、「しつもん」で気づきの機会を与えることが、子供の成長を促す原動力になるのです。

 

しつもんの力

良いしつもんからは前向きな答えが生まれます。

そこから斬新なアイディアや、やる気が生み出されることもあります。

しつもんの効果を事前にイメージして問いかけることも大切です。

では質問の5つの効果についてお話をしましょう。

話を引き出す

相手に気分よく話してもらえるようなしつもんができれば、会話も弾み、親子間のコミュニケーションもよくなります。

そんな雰囲気ができると、新しい発想が子供から生まれたり、成長を促すことにもなります。

やる気が出る

勉強がなんの役にたっているのか?

どんな自分になりたいのか?

などしつもんによってモチベーションを高めたり、成長を促すことができます。

やる気スイッチをONにするきっかけになります。

問題解決の力がつく

問題が起こった時には、反省ばかりしてしまうものですが、解決策を考えなければなりません。

「何をどうしたらうまくいくのか?」

を考えることで自分で対策を考え、主体的に行動できるようになります。

将来社会人になっても、この問題解決能力はとても重要です。

気づきが起こる

「あの人ならどうするだろう?」

などと他の人の立場になって考えることで、新しい視点が生まれます。

さらに、今までとは違う新しい気づきが生まれます。

そこから人の話を聞く柔軟性も身につきます。

事実だけを取り出せる

人は人生のほとんどを主観で生きています。

話をしていると主観同士がぶつかり合い意見が別れることもよくあります。

焦点を絞ったしつもんなら、感情や一方的な味方を排除し事実として、そこに何があるのかを知ることができるようになります。

まとめ

しつもんは相手との関係性を構築するのに、とても強力にサポートしてくれます。

さらに思考と行動のパターンを変える事ができます。

コミュケーションをとる相手だけでなく、自分に対しても、投げかけ、答えを考える事により、数多くの新しい気づきが生まれ、思考が変わり、行動が変わり、人間性が変わってきます。

お母さんや先生に言われたからやるという考え方を持っている子供は、自分で自分の可能性を潰してしまっています。

思考パターンの癖は身についてしまうと、なかなか変える事ができません。

それを変えるためには、人から言われるのではなく自分で気づくことです。

他人から言われたことはすぐに忘れてしまいますが、自分で考え、納得できたことは忘れません。

今の自分を変える事ができるのが「しつもん」の素晴らしさです。

 

\ SNSでシェアしよう! /

しつもんキッズの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

しつもんキッズの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 子どもをのばす「しつもん」の力

  • 主観で争うと収拾がつかない

  • 正解は一つではありません

  • 質問の種類

  • まずはあなたが満たされている事