1. TOP
  2. アドラー心理学
  3. 困難を克服する(アドラー心理学)

困難を克服する(アドラー心理学)

でお話しした困難を克服する(勇気付け発想)についてを少し丁寧にお伝えします。

 

アドラー心理学では「勇気付け」という言葉がよく出てきます。

勇気付けとは困難を克服する活力を与えること

勇気は自分自身と仲間を信頼し、自分自身の可能性を固く信じ、新年を持って行動することから生まれます。

 

ほめると勇気付けの違い

ほめることと勇気付けは混同されることがありますが、根本的には違うものです。

勇気は誰にでも潜んでいるものです。

勇気とは向こう見ずの勇ましさではなく、普段は臆病そうにしている人にも備わっているのです。

 

どうすれば勇気が湧く?

今までの人生で、どんな時に勇気付けられたと感じましたか?

小さかった頃、学生時代、社会人になってから、親に、兄弟に、友人に、先生に、先輩に、恋人に、ドラマや映画に、書籍に・・・

どんな場面で、どんな言葉をかけられた時に凹んだり、絶望している心が奮い立ちましたか?

「あの一言があったから立ち直れた」

というような言葉はありませんか?

もしかしたら、あなたのおかげで立ち直れたと言ってくれた人はいませんか?

あなたがかけた何気ない一言が相手の心の支えになって、とても喜ばれた人は身近にいませんか?

勇気付けは必死になって勉強して身に付けるような難しい話ではありません。

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

しつもんキッズの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

しつもんキッズの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 非建設的、破壊的になるのを避ける(建設的発想)アドラー心理学

  • つながりと絆の感覚発想(アドラー心理学)

  • 自分の資質の大きさに目覚める(アドラー心理学)

  • 明るい未来を選択できる(アドラー心理学)

  • アドラーに学ぶ子育て法

  • より豊かな対人関係を形成する(アドラー心理学)